最近見かけた記事 (抜粋)

Photo by Takanori Kuroda

デーモン・アルバーンが日本科学未来館にてミニライブ実施
全英を代表するロック・バンド、ゴリラズとブラーのフロントマン、デーモン・アルバーンは今年4月、初のソロアルバム『エヴリデイ・ロボッツ』を発表。日本滞在中の7月24日(木)、限定されたファンと2体のアンドロイドを招待し、日本科学未来館でパフォーマンスが行われた。その背景には今年3月に、アルバーンがプライベートで未来館を訪問したことにある。その時に、未来館の雰囲気を気に入ったアルバーンが、「ロボットに囲まれた場所で演奏したい」と、ファンとアンドロイドを招待した形でのライブを希望したことから、今回のパフォーマンスが実現した。ちなみに、最新アルバムの収録曲「ロンリープレスプレイ」のミュージックビデオには、3月に訪問した時の様子が一部収録されている。

本イベントには、約50名の関係者と共2体のアンドロイド(※1)が招かれた。成人女性の姿をした「オトナロイド®」(※2)と必要最低限の人間らしさを追求し作られた「テレノイド®」(※3)が前列に腰を掛け、アルバーンの登場を待つ。会場の外では開始の少し前から雷と豪雨で嵐のようになっていた。稲妻が走るたび、建物内で巨大な地球ディスプレイ「ジオ・コスモス(※4)」が青く光り、この状況がより一層、場内の雰囲気を特別な空間へと演出していた。

19時、ミニライブがスタート。エレクトロピアノの前に座り弾き語るアルバーンは、最新アルバムから「エヴリデイ・ロボッツ」「ホロウ・ポンズ」、そしてブラーのアルバム「アナザースター」に収録された「ストレンジニュース」と「アウト・オブ・タイム」の合計4曲を演奏した。ライブの間、「オトナロイド®」は音に合わせて身体を揺らしていた。歌詞を口ずさんだりまばたきをしたり、また切ないメロディーラインの時とアップテンポな時と、どことなく彼女らの表情が変化するようにも見えた。全曲が終了したところでアルバーンは特別ゲストである「オトナロイド®」のもとへ行き、目を見つめてお辞儀をするパフォーマンスも。特別ゲストである彼女は、アルバーンに対して満足そうにお辞儀を返していた。アンドロイドとはいえ、まるで生きている人間のようなその姿は、見ていてとても興味深いものだった。

アルバーンは終了後のインタビューで、次のように述べている。

「アンドロイドとの共演は面白かった。近くで見ると確かに人工物なんだけど、遠くから見ると普通の人間に見える。フェイクではあるんだけど、リアルなんだよね。だってそこに、たしかに存在しているから。でもやっぱり、ロボットは絶対的な“他者”であることに変わりないと思う。そういった意味で、テクノロジーはメランコリックなのかもしれない。」


デーモン・アルバーン、映画『ルーシー』EDテーマを書きおろし
ブラーのデーモン・アルバーンが、8月29日(金)より公開となる映画『LUCY/ルーシー』のエンディングテーマ「SISTER RUST」を書き下ろしていることが明らかとなった。

映画『LUCY/ルーシー』は、『レオン』『ニキータ』『フィフス・エレメント』と、時代に先駆け儚くも力強い女性像を確立してきたリュック・ベッソン監督が、スカーレット・ヨハンソンと初タッグを組んだ作品だ。脳が100%へ向かって覚醒することで、人智を超えた能力を発揮するヒロイン・ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)が活躍するアクション・エンターテインメントで、ごく普通の生活を送っていたルーシーが人智を超えた能力に目覚めていくこの物語は、デーモン・アルバーンが作り上げた美しくメロディアスなバラードで幕を閉じることとなる。

デーモン・アルバーンはベッソンの作品について、「リュックの映画作りには独特なスタイルがある。僕にとってそれは特徴的な映画らしい楽曲を作るための手助けになったんだ」と語っている。



アフロビートの伝説的ドラマー、トニー・アレンがデーモン・アルバーン参加の新曲“Go Back”公開
アフロビートの始祖であるフェラ・クティを支えたドラマーのトニー・アレンが、デーモン・アルバーンをフィーチャーした新曲“Go Back”を公開。これは10月にリリース予定のソロ新作『Film Of Life』に収録される。

トニーとデーモンは、互いのプロジェクトをサポートしているほか、ポール・シムノン(元クラッシュ)らを含むザ・グッド・ザ・バッド&ザ・クイーンや、レッチリのフリーも擁するロケット・ジュース・アンド・ザ・ムーンといったグループで活動を共にするなど、いまや〈盟友〉と呼べる仲。今回の“Go Back”ではデーモンが鍵盤とヴォーカルを担当し、シンセの響きが心地良いアトモスフェリックな質感のナンバーに仕立てている。

キャリア40年近くにもなる重鎮ながら、日本のKINGDOM☆AFROCKSをはじめ、いまでも若いアーティストとタッグを組んでセッション/楽曲制作を精力的に行い、自身のサウンドを更新しているトニー。そんな彼の新しいマテリアルの完成を楽しみに待ちたい!



デーモン・アルバーン、ミュージカルを制作 
デーモンは『Daily Star』紙にこう話した。「“ミュージカルを作る”なんてこと僕が言うのはおかしいけど、イエス、それが僕が次にやることだ。ずっとやりたいと思っていた。ミュージカルってうまく作られているものは素晴らしいからね」「ライオネル・バート(ミュージカル『オリバー!』の作詞作曲家)の霊を呼び起こそうとしてるんだ(笑)」

また、「Gorillazみたいなサウンドのアップテンポな曲をたくさん作った」と、Gorillazの復活も考えていると話したそうだ。

デーモンは週末(7月19日)、英国の<Latitude Festival>にヘッドライナーとして出演。ソロ・アルバム『Everyday Robots』だけでなくブラー、Gorillaz、ザ・グッド、ザ・バッド&ザ・クイーンの曲をプレイし、「Tender」ではグレアム・コクソンをゲストに迎えた。

そして、デーモンは今回初めて観客としてフェスティヴァルを楽しんだという。「1990年からフェスティヴァルでプレイしてきたけど、長居する時間がなかった。スイスから18時間かけてバスで移動した後で、不機嫌だったし懐疑的だったけど、すごく良かった」と話した。長年のパートナーである画家のスージー・ウィンスタンリーと14歳の娘も一緒だったそうだ。


パルプ、ブラー他のヒット作を生んだ歴史的スタジオが取り壊され、高級マンションに
1978年にヴァージン・レコードのリチャード・ブランソンによって建てられ、過去数十年に渡り数々のロック・ミュージックの大ヒットアルバムを生みだしたロンドン・シェファーズ・ブッシュのレコーディング・スタジオ、ザ・タウンハウス・スタジオが、750万ポンド(約13億円)で売却され高級マンションとなることがわかった。

このスタジオではブラーの『ザ・グレイト・エスケープ』、コールドプレイの『X&Y』、ザ・ジャムの『セッティング・サンズ』、パルプの『ディファレント・クラス』といったアルバムが録音され、オアシス、ミューズ、ロビー・ウィリアムスやエルトン・ジョン等多くの著名なミュージシャンが本スタジオをレコーディングに使用した。


オアシスの”Digsy's Dinner"はブラーへのあてつけだった、Byアラン・マッギー
「”Digsy's Dinner”はあの”ブリットポップ戦争(オアシス対ブラー)”銃撃戦の口火を切ったような曲だったんだ。
メロディにしろ、歌詞のタッチにしろ明らかに当時のブラーの曲をおちょくってるというか、あてつけっぽい感覚があるだろ。
『お前らが書いてるような曲は俺にだって簡単に書けるんだぜ』っていうノエルのブラーに対する一種の皮肉みたいなものっていうかさ。
まぁ今のノエル自身はこれを絶対公認しないだろうけどね(笑)」。


ビッグ・デイ・アウト、2015年の開催なし 
ブラーのキャンセル決定後、デーモン・アルバーンは、出演していればバンド最後のパフォーマンスになっていただろうとニュージーランド・ヘラルド紙に語った。「終止符を打つなら完全に前向きな感じで終わりにしたかった。ブラーはメンバーの全員にとってかけがえのないものだから。だがビッグ・デイ・アウトが僕らの望むとおりの、納得のいく精神性を持ち合わせているのか、僕はそこに凄く不安を感じた。はたして運営者としてふさわしい組織なのか、僕らの望みをしっかりサポートしてくれるのか、信頼しきれなかった」


ジミー・ペイジの娘が撮った「偉大なギタリスト」写真展がロンドンで開催
英テレグラフ紙のサイトでそのポートレイト集の中から10枚がプレヴュー公開されています。
他にもブラーのグレアム・コクソンや、セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズ、ウィルコ・ジョンソン、カサビアンのサージなどもあり。
10 great guitarists


デーモン・アルバーン、英フェスでグレアム・コクソンとともにブラー“Tender”を披露
先週末イギリスのサフォーク州で開催されたラティテュード・フェスティヴァルで、デーモン・アルバーンのステージにグレアム・コクソンがゲスト出演し、ブラーの“Tender”を披露した。

アンコールで“End Of A Century”のソロ・ヴァージョンを披露したデーモンは、ブラーの楽曲には「一緒に書いたやつ抜きではプレイできない」ものもあると語ってグレアムを呼び込み、ともに“Tender”を演奏したという。

当日の“Tender”の映像はこちらから。http://www.youtube.com/watch?v=TK9uW-sv4WA


デーモン・アルバーン、新ミュージカルとゴリラズの新曲(?)を執筆中
なにはともあれ英デイリー・スター紙に掲載されていたデーモンの最新コメントがこれ。

「僕がミュージカルを書いている、なんていう発言自体がヘンに聞こえるかもだけど、
イエス、僕の次のプロジェクトはまさにそれなんだよ。
ミュージカル制作はずっと前からやってみたかったんだ、やり方によっては素晴らしいものになるからね。
当初はやや左寄りの実験的なオペラとして始まったんだけど(ロッキング・オン5月号掲載の取材でデーモンが「2014年はソロ作用の活動と”新しいオペラ制作”の仕事で手一杯になりそう」と発言していたの、皆さん覚えてます?)、
書いてるうちにいつの間にか”家族向けのメインストリームなミュージカル”に発展していた、っていうケースだったんだ。それと最近は、ゴリラズっぽいアップテンポな新曲も結構書いてるんだよね」。


デーモン、昨年レコーディングしたブラーの新作はそのまま仕上げないかもと語る 
「香港でレコーディングした曲は15曲あるんだよ。腹立たしいのは、あの場にいたままあそこにいたことを書いていれば、アルバムも仕上げられたかもしれないということなんだ。時には、一度に全部仕上げられないと、やる気も本当になくなっちゃったりするもんで、今じゃあぼくもあのアルバムでなにを歌えばいいのかよくわからないんだ。曲としてはすごくいい曲がいくつか揃ってるんだけど、ひょっとしたら、永遠に世に出ることのない作品の一つになってしまうかもしれないよ」

「ただ、もうちょっと作業を続けたいんだけどね。ぼくは出来ることなら短い期間のうちにアルバムを作るのが好きなんだ。その点『エヴリデイ・ロボッツ』ではまるでプロセスが違ってて、というのはこれは本当によく考え抜いた作品だったからなんだ。でも、やっぱり時にはものすごいエネルギーを発揮して10日間くらいで作品を仕上げちゃうのもまた最高なんだよね。香港では泊まってたところとレコーディングの場所との行き来が多過ぎて、それとちょっと暑かったからね。それで終わらなかったんじゃないかと思うんだけど」


[Alexandros]、スペシャ番組でクリープ・尾崎&ゲス乙女・川谷を迎えセッション
スペースシャワーTVにて[Alexandros]がVJを務めるレギュラー番組『Welcome![Alexandros]』の収録で、尾崎世界観(クリープハイプ)と川谷絵音(indigo la End / ゲスの極み乙女。)をそれぞれゲストに迎え、セッションが行われたことがわかった。

また、川谷絵音を迎えてのセッションでは、両者ともフェイバリットアーティストに挙げるBlurの“Song 2”と、[Alexandros]の“Forever Young ”の2曲が披露される。

●番組情報
スペースシャワーTV『Welcome![Alexandros]』
ゲスト:川谷絵音(indigo la End/ゲスの極み乙女。)
初回放送:8/12(火)23時~
リピート放送:8/13(水)24時~、8/17(日)26時30分~
初回放送:8/19(火)24時~
リピート放送:8/20(水)25時~、8/24(日)27時30分~


ジェラルド・ウェイ、初ソロ・アルバムからの先行シングルのMV撮影風景写真を公開
歌詞については次のように語っている。
「ジャーヴィス・コッカーやデーモン・アルバーンによるブリットポップの歌詞を眺めてみたり、日々の生活から題材を見つけたりしたんだ。抽象的なものにも挑戦してみたりしたよ。ピクシーズやソロ・アーティストとして作品を発表してきたフランク・ブラックの歌詞も参考にしたりしていた。何かこういうものにしよう、といったコンセプトは何もなかったんだ」


ザ・ローリング・ストーンズがボビー・ウーマックへの追悼を発表
6月27日に70歳で他界したボビー・ウーマックについてザ・ローリング・ストーンズが追悼の意を発表している。

ストーンズは1964年に当時ボビーのグループだったザ・ヴァレンティノズの"イッツ・オール・オーヴァー・ナウ"をシングルとしてカヴァーして、これはイギリスのシングル・チャート1位に輝くことになった。ストーンズの次のようにボビーを振り返っている。

「ボビーは俺たちにものすごい影響を与えてるんだ。ボビーはR&Bとソウルの真のパイオニアとなった人で、その声と楽曲は数百万の人たちを感動させたんだ。ステージではその存在感は圧倒的だった。ボビーの才能は、過去の偉人らと肩を並べるものだよ。俺たちはまず真っ先にボビーのことを、かけがえのない友人として振り返ることになるはずだよ」

ボビーの12年ぶりとなった2012年の最新作『ザ・ブレイベスト・マン・イン・ザ・ユニバース』のプロデューサーを務めたデーモン・アルバーンは6月28日に「兄さんには教会で会うつもりだよ」とツイートしている。


デーモン・アルバーン「9時5時で働いている」
デーモン・アルバーンは、普段、会社員のように週5日9時〜5時まで仕事をしているという。ミュージシャンはただインスピレーションがわくのを待っているのではなく、とにかく仕事モードに入ることが大切だと考えているようだ。

『Daily Star』紙によると、彼はこう話したという。「家にいるとき、俺は週5日、9時5時で働いている。そうすると、たくさんのことができる。ロックンロール神話はインスピレーションを待つように促す。でも、昔のソングライターにとってはただの仕事に過ぎなかった。彼らは朝起きて、ジントニック飲んで仕事してたんだ。俺も同じだ。ジントニックってのはないけど!」

これは、ポール・マッカートニーの考えにも通じるところがある。サーティー・セカンズ・トゥー・マーズのジャレッド・レトは彼にアドバイスを求めたところ「とにかく(曲を)作れ。毎日、何かを書くんだ。書き続けろ。言いたいことなんか何もないって思うときでさえ、やるんだ。そうしたら、素晴らしいことが起きる」と言われたそうだ。


0 コメント:

コメントを投稿